スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皆様へ



HPでもお伝えした通り、UNDER THE COUNTERは5月18日に渋谷屋根裏で行うワンマンライブをもって
解散することとなりました。


ここ数か月、謙太郎とバンドのこれからのこと、お互いの音楽へ対する姿勢、向き合い方、
またこれからのお互いの人生のことを徹底的に話し合った結果、この結論に至りました。


突然の発表で驚かれた方もいるかとは思いますが、謙太郎と納得いくまで話し合った結果ですので、
ご理解いただけたらと思います。



約3年前に大隅さんと祐湖さんが辞めると言った時、自分は謙太郎とバンドを続ける道を選びました。
UNDER THE COUNTERはまだまだいいライブできるし、もっといい曲作れる。
それをどうしても証明したい、
その一心でここまでやってきました。


二人が抜けた後の活動はなかなか一筋縄ではいかない部分も多々ありました。
しかしながら、朱雀さん、宮澤、前サポートベースのノリ君をはじめ、多くの人たちのサポートのおかげで
去年、paper moonというアルバムを作り上げることができ、時間はかかったけど、このアルバムで少なからずその証明は出来たんじゃないかなと思っています



ここからは個人的な話になりますが、ここ1年ほど、この先の人生を歩んで行く上で、自分のアイデンティティーとなるものが、バンド以外に何か必要な時期に来たんじゃないか?と思うようになりました。
もしUNDER THE COUNTERがなくなった時、自分には他に何ができるのか、また何をやりたいのか。

そしてその「何か」を見つけたいという思いは日に日に増していきました。


paper moonをリリースし、UNDER THE COUNTERとしてどうしてもやり遂げなきゃいけないことを
最低限達成できたと思えた今、次は「吉村洋平」一個人として、何か確固たるものを見つけなければいけない、
そう強く思ったことが、自分の中でUNDER THE COUNTERを解散するという結論に至った一番の理由です。


もちろん11年間続けてきたバンドだし、この決断には大変な勇気がいりました。
解散ではなく他に続けていく道はないか、必死に考えました。
その中に活動休止という選択肢ももちろんありました。
しかし、それは俺と謙太郎が今後それぞれ歩んで行く道にとって決してプラスにはならない、そう判断したため、
潔く解散することを決断しました。



まだバンドを解散した後に自分がどういった道に進んで行くのかは、はっきり決められてはいませんが、
UNDER THE COUNTERと同じくらい夢中になれるものを探し出したいと思っています。
また、今の自分ならちゃんと見つけられるのではないかとも思っています。




先にもお伝えしましたが、5月18日に僕らのホームである渋谷屋根裏にてワンマンライブを行います。
UNDER THE COUNTERとして最後のライブになりますので、ぜひ見届けに来ていただけたら幸いです。


この日がUNDER THE COUNTER、11年の歴史の集大成となります。

いつも通り、最高にロックで最高に楽しいライブにしたいと思っています。
去年の大みそかにバンドで演奏できなかった借りも返さなきゃだしね。なぁ宮澤よ 笑。

そうそう、スペシャルなゲストも二人お呼びしてます。
まあなんとなく想像はつくと思うけど。最後だしね。



最後になりましたが、今までUNDER THE COUNTERを応援してくれたファンの皆様、又、僕たちの音楽を信じてサポートして下さった関係者の皆様、本当に、本当にありがとうございました。
UNDER THE COUNTERに関わってくれたすべての方に感謝の気持ちでいっぱいです。


また、長い間応援し続けてくれた家族にもこの場を借りてお礼を言わせていただきます。
今まで好き勝手やらせてくれて本当にありがとう。



そして謙太郎、朱雀さん、宮澤。
あと二か月、よろしく!!!



UNDER THE COUNTER
ヨシムラ ヨウヘイ
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。